年代別お肌のケア方法

お肌のケア方法は年齢によって違ってきます。
10代~20代頃のケア方法としては、皮脂対策をきちんと行う事が大切です。若い頃は皮脂の分泌が活発になりますし、皮脂は肌トラブルの代表格とも言えるニキビの原因にもなります。オイルコントロールをしっかりと行う事によってニキビによるトラブルも発生し難くなりますし、綺麗な素肌を維持し易くなりますので、皮脂対策はきちんと行うようにした方が良いと言えます。
ただし過剰な皮脂対策にならないように注意が必要です。脂が気になると何度も洗顔をしてしまったり、小まめに脂取りで皮脂を除去する事もあると思われますが、過剰なケアは逆効果です。皮脂を摂り過ぎると余計に皮脂が出るようになりますので、適度な皮脂はしっかりと残す気持ちでケアを行った方が良いと言えます。
30代以降になると今度は保湿をしっかりと行うように心掛ける事が大切です。30代に突入した頃から肌の水分量が減ってきますし、体質によってはかなり乾燥が目立ってしまう肌状態になる事もあります。乾燥を放置してしまうと肌のバリア機能が低下して刺激に弱くなったり、紫外線などの外的なダメージが蓄積されて将来的にシミが発生するリスクを高める事にもなるのです。
シミを消すのはニキビを消すことよりも難しいので紫外線対策はしっかり行いましょう。
きちんと保湿を行い肌を守る必要がありますので、スキンケアの際には保湿に重点を置いて対策を行うと良いでしょう。
40代~50代以降になると肌の衰えがより顕著に表れるようになりますが、この位の年齢になるとスキンケアだけに力を入れるのではなく、ホルモンバランスを整えるなどの工夫も必要です。内側からもしっかりとケアをしないとどんどん老けてしまいますので、プラセンタなどを使用すると良いでしょう。プラセンタの効果は肌の張りを取り戻すことが可能なので、肌の衰えが気になる年代に差し掛かっている方は是非使用してみてください。

■スキンケアのお勧めの成分です
トラネキサム酸

ページトップへ